FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2013千葉大 数学4



第4問

  1から9までの番号のついた9枚のカードがある。これらを無作為に
  1列に並べる試行を行う。

 (1) 下記の条件(A)が成り立つ確率を求めよ。

 (2) 下記の条件(B)が成り立つ確率を求めよ。

 (3) 条件(A)、(B)が同時に成り立つ確率を求めよ。

  ただし、条件(A)、(B)は次のとおりである。
    (A) 番号1のカードと番号2のカードは隣り合わない
    (B) 番号8のカードと番号9のカードの間には、ちょうど1枚の
      カードがある。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/11/09(金) 02:07:00|
  2. 大学入試(数学) .関東の大学 .千葉大 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013千葉大 数学5 | ホーム | 2013千葉大 数学3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/878-82aca9b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)