FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2010京都薬科大 数学1(1)~(3)



第1問

  次の    にあてはまる数または式を解答欄に記入せよ。ただし、
  分数形で解答する場合は、既約分数にすること。

 (1) 事象Aと事象Bが互いに排反で、
       $\small\sf{\begin{align*} \sf P\ (A)=\frac{1}{5}\ \ ,\ \ P\ (A\cup B)=\frac{4}{5}\end{align*}}$
    を満たすとき、P(B)= ア  であり、P(AB)= イ  である。
    ただし、Xは事象Xの余事象を表すものとする。

 (2) 平面上における点Aが直線y=2x上を動くとき、点B(3,2)、
    C(5,7)とすると、△ABCの面積が10となるのは、点Aの座標が
    ( ウ  エ  )または、( オ  カ  )のときである。
    ただし、 ウ  オ  とする。

 (3) 不等式
       $\small\sf{\begin{align*} \sf \log_a x<\log_{a^2}(2x+4)\end{align*}}$
    を満たすxの範囲は キ  である。ただし、a>1とする。



<<2010京都薬科大 数学1(4)~(6) | ホーム | 2011京都薬科大 数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/633-fed7b26b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)