FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2008 京都大 理系数学(甲)6



第6問

  空間内に原点Oを中心とし半径1の球面Sを考え、S上の2点を
         
  とする。
         
  で与えられる平面でSを切った切り口の円において、AとBを結ぶ
  弧のうち短い方の長さをL1とする。また3点O、A、Bを通る平面で
  切った切り口の円において、AとBを結ぶ弧のうち短い方の長さを
  L2とする。このときL1>L2を証明せよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/10/31(水) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .京都大 理系 2008甲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011同志社大 生命医科学部 数学1 | ホーム | 2008 京都大 理系数学(甲)5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/632-5786280d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)