FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2012大阪市立大 理系数学2



第2問

  三角形ABCの頂点A、B、Cは反時計回りに並んでいるものとする。
  点Pはいずれかの頂点の位置にあり、1枚の硬貨を1回投げるごとに、
  表が出れば時計回りに隣の頂点へ、裏が出れば反時計回りに隣の頂
  点へ、移動するものとする。点Pは最初、頂点Aの位置にあったとする。
  硬貨をn回投げたとき、点Pが頂点Aの位置に戻る確率をanで表す。
  次の問いに答えよ。

 (1) n≧2に対しanをan-1を用いて表せ。

 (2) anを求めよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/06/28(木) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .大阪市立大 理系 2012
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<2012大阪市立大 理系数学3 | ホーム | 2012大阪市立大 理系数学1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/441-4fbde45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012大阪市大 理系数学2】

明日は中1から中3まで全部の学年で数学のテストがあります。必然的に、今日の対策授業は死にそうなくらい忙しかったです・・・・・第2問  三角形ABCの頂点A、B、Cは反時...
  1. 2012/06/29(金) 08:17:22 |
  2. まとめwoネタ速neo