FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2007神戸大 理系数学1




第1問

  四面体ABCDにおいて、辺AB、BC、CD、DAの中点をそれぞれ
  O、P、Q、Rとする。このとき、次の問いに答えよ。

 (1) $\small\sf{\begin{align*} \sf \overrightarrow{\sf OQ}\end{align*}}$ を $\small\sf{\begin{align*} \sf \overrightarrow{\sf OP}\end{align*}}$ と$\small\sf{\begin{align*} \sf \overrightarrow{\sf OR}\end{align*}}$ を用いて表せ。

 (2) 辺AC、BD上にそれぞれ任意に点E、Fをとるとき、線分EFの
    中点は4点O、P、Q、Rを含む平面上にあることを証明せよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/03/12(月) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .神戸大 理系 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2007神戸大 理系数学2 | ホーム | 2006大阪大 理系数学(後期) 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/329-338418f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)