FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2016京都府立医科大 数学1



第1問

  nは2以上の整数とする。変量xについてのデータの値をxk (1≦k≦n)とし、
  変量yについてのデータの値をyk (1≦k≦n)とする。変量zはデータの値が
  xkyk (1≦k≦n)である変量を表す。

 (1) 変量xとyのn個の値の組を(xk,yk) (1≦k≦n)としたときのxとyの共分散
    sxy (偏差の積の平均)について
        $\small\sf{\begin{align*}\sf s_{xy}=\overline{z}-\overline{x}\ \overline{y}\end{align*}}$
    が成り立つことを証明せよ。ここで$\small\sf{\begin{align*}\sf \overline{x},\ \overline{y},\ \overline{z}\end{align*}}$ はそれぞれ変量x、y、zについてのデータの
    値の平均値を表す。

  0以上の整数aと1以上の整数bに対し、aをbで割った余りをRb(a)と表す。L、mは
  2以上n以下の整数とする。変量xとyのn個の値の組を
        $\small\sf{\begin{align*}\sf (x_k,\ y_k)=\left(R_{L}\sf (k-1)+1\ ,\ R_m(k-1)+1\right)\ \ \ (1\leqq k\leqq n) \end{align*}}$
  としたときのxとyの相関係数をrとする。

 (2) L はnの約数とし、m=nであるとき、rを求めよ。

 (3) n=L(L+1) とし、m=L+1であるとき、rを求めよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/01/28(月) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .京都府立医大 2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016京都府立医科大 数学2 | ホーム | 2018センター試験 数学Ⅱ・B 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2997-71061660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)