FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018旭川医科大 数学1



第1問

  ある臓器にできる腫瘍Xは悪性と良性の2つの型に分けられ、同時に両方の型である
  ことはない。実際にXがある人とない人の割合は3%と97%であり、Xがある人のうち、
  悪性の人と良性の人の割合は1:2である。そして、腫瘍Xがあるかないかを調べる
  検査Yについて、次の事が知られている。
   (ⅰ) 悪性のXがある人にYが用いられると、95%の確率でXがあると判定される。
   (ⅱ) 良性のXがある人にYが用いられると、80%の確率でXがあると判定される。
   (ⅲ) Xがない人にYが用いられると、90%の確率でXがないと正しく判定される。
  ある人が、この検査Yを受けることになった。このとき、次の確率を求めよ。

 (1) この人にXがあると判定される確率

 (2) Xがあると判定されたとき、悪性のXが実際にある確率

 (3) 悪性のXが実際にないとき、Xがないと判定される確率




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/08/06(月) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .全国の大学 .旭川医科大  2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018旭川医科大 数学2 | ホーム | 2018浜松医科大 数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2903-963d3a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)