FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018大阪府立大 工学部 数学5



第5問

  関数 $\small\sf{\begin{align*}\sf f(\theta)=\frac{1}{2}\sin 2\theta+\sin\theta\end{align*}}$ の区間[x,x+$\small\sf{\pi}$ ] における最大値を$\small\sf{g(x)}$ とする。
  ただし、xは0≦x≦2$\small\sf{\pi}$ をみたす実数とする。このとき、以下の問いに答えよ。

 (1) y=f($\small\sf{\theta}$ ) のグラフを0≦$\small\sf{\theta}$ ≦3$\small\sf{\pi}$ の範囲で描け。ただし,グラフの凹凸は
    調べなくてよい。

 (2) $\small\sf{g(x)}$ をxを用いて表せ。

 (3) $\small\sf{g(x)}$ がx=$\small\sf{\pi}$ において微分可能であるかどうかを理由をつけて答えよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/08/01(水) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .大阪府立大 中期 2018(工)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018浜松医科大 数学1 | ホーム | 2018大阪府立大 工学部 数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2898-a68aa48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)