FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018北海道大 理系数学3



第3問

  数字の2が書かれたカードが2枚、同様に、数字の0、1、8が書かれたカードが
  それぞれ2枚、あわせて8枚のカードがある。これらから4枚を取り出し、横一列
  に並べてできる自然数をnとする。ただし、0のカードが左から1枚または2枚現
  れる場合は、nは3桁または2桁の自然数とそれぞれ考える。例えば、左から順
  に0、0、1、1の数字のカードが並ぶ場合のnは11である。

 (1) a、b、c、dは整数とする。1000a+100b+10c+dが9の倍数になる
    こととa+b+c+dが9の倍数になることは同値であることを示せ。

 (2) nが9の倍数である確率を求めよ。

 (3) nが偶数であったとき、nが9の倍数である確率を求めよ。






テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/06/13(水) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .全国の大学 .北海道大 理系 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018北海道大 理系数学4 | ホーム | 2018北海道大 理系数学2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2855-bed656ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)