青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018筑波大学 数学1



第1問

  0<$\small\sf{\theta}$<$\small\sf{\frac{\pi}{2}}$ とする。放物線y=x2上に3点O(0,0)、A(tan$\small\sf{\theta}$,tan2$\small\sf{\theta}$)、
  B(-tan$\small\sf{\theta}$,tan2$\small\sf{\theta}$)をとる。三角形OABの内心のy座標をpとし、外心の
  y座標をqとする。また、正の実数aに対して、直線y=aと放物線y=x2
  囲まれた図形の面積をS(a)で表す。

 (1) p、qをcos$\small\sf{\theta}$を用いて表せ。

 (2) $\small\sf{\frac{S\left(p\right)}{S\left(q\right)}}$ が整数であるようなcos$\small\sf{\theta}$の値をすべて求めよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/06/01(金) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関東の大学 .筑波大 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018筑波大学 数学2 | ホーム | 2018千葉大 数学12>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2842-3ce04ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)