FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018千葉大 数学6



第6問

  初項が1で公差が6である等差数列1,7,13,・・・の第n項をanとし、また
  初項が3で公差が4である等差数列3,7,11,・・・の第m項をbmとする。
  2つの数列{an}、{bm}に共通に現れる数すべてを小さい順に並べてできる数列
  を{ck}とし、2つの数列{an}、{bm}の少なくとも1つの項になっている数すべて
  を小さい順に並べてできる数列を{dL}とする。したがって、c1=7であり、また
  数列{dL}のはじめの5項は1,3,7,11,13となる。

 (1) 数列{ck}の一般項を求めよ。

 (2) d1000およびd1001の値を求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/05/25(金) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関東の大学 .千葉大 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018千葉大 数学7 | ホーム | 2018千葉大 数学5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2828-8afd849b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)