青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018千葉大 数学4



第4問

  箱の中にn枚のカードが入っている。ただしn≧3とする。そのうち1枚は金色、
  1枚は銀色、残りの(n-2)枚は白色である。この箱からカードを1枚取り出し、
  その色が金なら50点、銀なら10点、白なら0点と記録し、カードを箱に戻す。
  この操作を繰り返し、記録した点の合計がk回目にはじめてちょうど100点と
  なる確率をP(k)とする。

 (1) 確率P(4)を求めよ。

 (2) 確率P(6)を求めよ。

 (3) 確率P(11)を求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/05/23(水) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関東の大学 .千葉大 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018千葉大 数学5 | ホーム | 2018千葉大 数学3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2827-83303878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)