青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018大阪府立大 前期理系 数学2



第2問

  原点をOとする座標空間において、A(1,-4,5)、B(1,2,-1)、
  C(2,1,-1)、P(p,q,4)とする。このとき、以下の問いに答えよ。

 (1) $\small\sf{\overrightarrow{\sf OP}}$ が$\small\sf{\overrightarrow{\sf AB}}$ と$\small\sf{\overrightarrow{\sf BC}}$ の両方に垂直であるとき、pとqの値をそれぞれ求めよ。

 (2) $\small\sf{\overrightarrow{\sf OA}}$ と$\small\sf{\overrightarrow{\sf OP}}$ が垂直であり、$\small\sf{\left|\overrightarrow{\sf OP}+x\overrightarrow{\sf OB}\right|}$ がx=-2で最小となるとき、
    pとqの値をそれぞれ求めよ。

 (3) sとtがすべての実数を動くとき、$\small\sf{\left|\overrightarrow{\sf OA}+s\overrightarrow{\sf AB}+t\overrightarrow{\sf BC}\right|}$ の最小値を求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/05/09(水) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .大阪府立大 前期 2018(理系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018大阪府立大 前期理系 数学3 | ホーム | 2018大阪府立大 前期理系 数学1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2815-48364eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)