青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018東京工業大 数学1



第1問

  a、b、cを実数とし、3つの2次方程式
        x2+ax+1=0   ・・・・・・①
        x2+bx+2=0   ・・・・・・②
        x2+cx+3=0   ・・・・・・③
  の解を複素数平面上で考察する。

 (1) 2つの方程式①、②がいずれも実数解を持たないとき、それらの解は
    すべて同一円周上にあるか、またはすべて同一直線上にあることを
    示せ。また、それらの解がすべて同一円周上にあるとき、その円の
    中心と半径をa、bを用いて表せ。

 (2) 3つの方程式①、②、③がいずれも実数解を持たず、かつそれらの解が
    すべて同一円周上にあるための必要十分条件をa、b、cを用いて表せ。


テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/04/11(水) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関東の大学 .東京工業大 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018東京工業大 数学2 | ホーム | 2018名古屋大 理系数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2785-aa673c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)