FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018京都大 理系数学4



第4問

  コインをn回投げて複素数z1、z2、・・・znを次のように定める。
  (ⅰ) 1回目に表が出ればz1=$\small\sf{\frac{-1+\sqrt3\ i}{2}}$ とし、裏が出ればz1=1とする。
  (ⅱ) k=2,3,・・・,nのとき、k回目に表が出ればzk=$\small\sf{\frac{-1+\sqrt3\ i}{2}}$ zk-1
     とし、裏が出ればzk=$\small\sf{\overline{z_{k-1}}}$ とする。ただし、=$\small\sf{\overline{z_{k-1}}}$ はzk-1の共役
     複素数である。
  このとき、zn=1となる確率を求めよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/03/14(水) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .京都大 理系 2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018京都大 理系数学5 | ホーム | 2018京都大 理系数学3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2758-f15cdbdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)