FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2017滋賀医科大 数学2



第2問

  座標平面上を運動する点Pの時刻tにおける座標を(f(t),$\small\sf{\begin{align*}\sf g\end{align*}}$(t))と表し、
  点Ptを座標が(f(t),$\small\sf{\begin{align*}\sf g\end{align*}}$(t))である点とする。ただしf(t)、$\small\sf{\begin{align*}\sf g\end{align*}}$(t)は微分可能
  で、導関数f’(t)、$\small\sf{\begin{align*}\sf g\end{align*}}$’(t)について{f’(t)}2+{$\small\sf{\begin{align*}\sf g\end{align*}}$’(t)}2>0とする。点Pの
  時刻tにおける速度$\small\sf{\begin{align*}\sf \overrightarrow{\sf v}\end{align*}}$ =(f’(t),$\small\sf{\begin{align*}\sf g\end{align*}}$’(t))を考える。a、bを正の定数(a<b)
  とする。

 (1) 点Paの座標を(0,0)として、$\small\sf{\begin{align*}\sf \overrightarrow{\sf v}\end{align*}}$ が時刻tによらずに(1,0)に等しいとき、
    点Pbの座標(f(b),$\small\sf{\begin{align*}\sf g\end{align*}}$(b))をa、bを用いて表せ。

 (2) $\small\sf{\begin{align*}\sf f\left(t\right)=\frac{e^t+e^{-t}}{2}\end{align*}}$ 、$\small\sf{\begin{align*}\sf g\left(t\right)=\frac{e^t-e^{-t}}{2}\end{align*}}$ のとき、$\small\sf{\begin{align*}\sf \overrightarrow{\sf v}\end{align*}}$ が$\small\sf{\begin{align*}\sf \overrightarrow{\sf P_aP_b}\end{align*}}$ と平行になる時刻t
    (a<t<b)をa、bを用いて表せ。

 (3) Pa≠Pbのとき、ある時刻t (a<t<b)で$\small\sf{\begin{align*}\sf \overrightarrow{\sf v}\end{align*}}$ が$\small\sf{\begin{align*}\sf \overrightarrow{\sf P_aP_b}\end{align*}}$ と平行になることを
    示せ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/10/07(日) 02:07:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .滋賀医科大 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017滋賀医科大 数学3 | ホーム | 2017滋賀医科大 数学1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2668-a14d5971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)