FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2017立命館大 理系(2月3日) 数学1



第1問

  Oを原点とする座標平面上において、点Pは点Oを中心とする半径2の
  円周上を反時計回りに動き、点Qは点Pを中心とする半径1の円周上を
  反時計回りに動く。時刻t=0のとき、点Pは(2,0)にあり、点Qは(3,0)
  にある。時刻tのとき、線分OPは、x軸の正の部分を始線とした角tの
  動径とする。また、時刻tのとき、線分PQは、点Pを始点とし動径OPを
  延長した半直線を始線とした角tの動径とする。ただし、0≦t≦$\small\sf{\pi}$ とする。

 (1) 時刻 t における点Qの座標は( ア  イ  ) である。

 (2) 時刻t=$\small\sf{\begin{align*} \sf \frac{\pi}{2}\end{align*}}$ における点Qの速度ベクトルは( ウ  エ  ) 、速さは
     オ  である。

 (3) 点Qのx座標は、t= カ  のとき最小値 キ  となる。

 (4) 点Qのy座標の最大値は ク  である。

 (5) 点Qの軌跡とx軸で囲まれた図形の面積は ケ  である。



<<2017立命館大 理系(2月3日) 数学2 | ホーム | 2016立命館大 理系(2月2日) 数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2618-9874c5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)