FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2017同志社大 生命医科学部 数学2



第2問

   tを正の実数とする。tに対して、複素数$\small\sf{\alpha}$ =2+ti とし、$\small\sf{\alpha}$ の共役な複素数を
  $\small\sf{\alpha}$ とする。方程式z3=-8の解で虚部が正のものをωとする。複素数平面上の
  3点をA(ω)、B($\small\sf{\alpha}$ ω)、C($\small\sf{\alpha}$ ω)とする。次の問いに答えよ。

 (1) ωを極形式で表せ。ただし、ωの偏角argωは0≦argω<2⁢$\small\sf{\pi}$ とする。

 (2) 線分AB、ACの長さをtで表せ。

 (3) 3点A、B、Cを頂点とする。△ABCの外接円の半径をrとする。tが正の実数
    全体を動くとき、$\small\sf{\begin{align*} \sf \frac{r}{t}\end{align*}}$ の最小値とそのときのtの値を求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/08/24(木) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の私立大学 .同志社大 理系 2017(生命医科)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017同志社大 生命医科学部 数学3 | ホーム | 2017同志社大 生命医科学部 数学1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2595-2dacf4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)