FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2016大阪府立大 工学部 数学1(2)



第1問

 (2) 当たりくじ5本を含む13本のくじがある。このくじを、A、B、C、Dの4人が
    この順に1本ずつ引くとし、引いたくじはもとに戻さないとする。このとき、
    以下の確率を既約分数で求めよ。
 (ⅰ) 4人のうち少なくとも1人が当たる確率P1
 (ⅱ) 4人のうち少なくとも2人が当たる確率P2
 (ⅲ) 4人のうち少なくとも1人が当たりくじを引いたとわかっているとき、Dが
    当たる条件付き確率P3



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/05/07(日) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .大阪府立大 中期 2016(工)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016大阪府立大 工学部 数学2 | ホーム | 2016大阪府立大 工学部 数学1(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2485-c46029e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)