FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2017大阪府立大 前期文系 数学1



第1問

  AとBの2人が次のようなゲームを行う。Aは1から10までの自然数が
  1つずつ書かれた10個の玉が入った袋から1つ取り出し、それをAの玉
  とする。一方Bは1から6までの自然数が1つずつ書かれた6個の玉が
  入った袋から1つ取り出し、それをBの玉とする。AとBの得点について
  以下の(a)、(b)、(c)の3つの場合を考える。
   (a) Aの得点はAの玉に書かれた数、Bの得点はBの玉に書かれた数
      とする。
   (b) Aの得点はAの玉に書かれた数、Bの得点はBの玉に書かれた数
      の2倍とする。
   (c) Bの玉に書かれた数が3以下の場合には、Aの得点はBの玉に書
      かれた数、Bの得点はAの玉に書かれた数とする。Bの玉に書か
      れた数が4以上の場合には、Aの得点はAの玉に書かれた数、Bの
      得点はBの玉に書かれた数とする。
   AとBの2人のうち得点の大きい人を勝ちとし、2人の得点が同じ場合は
   引き分けとする。このとき、以下の問いに答えよ。

 (1) (a)の場合にBが勝つ確率を求めよ。

 (2) (b)の場合にBが勝つ確率を求めよ。

 (3) (c)の場合にBが勝つ確率を求めよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/04/25(火) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .大阪府立大 前期 2017(文系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017大阪府立大 前期文系 数学2 | ホーム | 2017大阪市立大 理系数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2470-fb8ac2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)