FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2010滋賀医科大 数学2



第2問

  四面体OABCにおいて、
         $\small\sf{\begin{align*}\sf \overrightarrow{\sf OA}\bot\overrightarrow{\sf OB}\ ,\ \overrightarrow{\sf OA}\bot\overrightarrow{\sf BC}\ ,\ \overrightarrow{\sf OB}\bot\overrightarrow{\sf BC}\end{align*}}$
  とする。

 (1) 三角形OAB、OAC、OBC、ABCはすべて直角三角形である
    ことを示せ。

 (2) OCの中点Mから平面ABCに下ろした垂線の足をNとする。
         $\small\sf{\begin{align*}\sf \overrightarrow{\sf CN}=s\overrightarrow{\sf CA}+t\overrightarrow{\sf CB}\end{align*}}$
    と表すときのs、tを、長さOA、OBで表せ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/10/07(日) 01:10:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .滋賀医科大 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010滋賀医科大 数学3 | ホーム | 2010滋賀医科大 数学1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/2163-1e8613aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)