fc2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2011筑波大 数学6



第6問

  dを正の定数とする。2点A(-d,0)、B(d,0)からの距離の和が4d
  である点Pの軌跡として定まる楕円Eを考える。点A、点B、原点Oから
  楕円E上の点Pまでの距離をそれぞれAP、BP、OPと書く。このとき、
  以下の問いに答えよ。

 (1) 楕円Eの長軸と短軸の長さを求めよ。

 (2) AP2+BP2およびAP・BPを、OPとdを用いて表せ。

 (3) 点Pが楕円E全体を動くとき、AP3+BP3の最大値と最小値をdを
    用いて表せ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/11/07(水) 01:06:00|
  2. 大学入試(数学) .関東の大学 .筑波大 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016筑波大 数学1 | ホーム | 2011筑波大 数学5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1944-8ce94089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)