fc2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2015名古屋大 文系数学1



第1問

  座標平面上の円C:x2+(y-1)2=1と、x軸上の2点P(-a,0)、
  Q(b,0)を考える。ただし、a>0、b>0、ab≠1とする。点P、Qの
  それぞれからCにx軸とは異なる接線を引き、その2つの接線の交
  点をRとする。このとき、次の問に答えよ。

 (1) 直線QRの方程式を求めよ。

 (2) Rの座標をa、bで表せ。

 (3) Rのy座標が正であるとき、△PQRの周の長さをTとする。
    Tをa、bで表せ。

 (4) 2点P、Qが、条件「PQ=4であり、Rのy座標は正である」を
    満たしながら動くとき、Tを最小とするaの値とそのときのTの
    値を求めよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/10/24(水) 01:01:00|
  2. 大学入試(数学) .全国の大学 .名古屋大 文系 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015名古屋大 文系数学2 | ホーム | 2015名古屋大 理系数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1829-0f4d7ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)