fc2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2015千葉大 数学12



第12問

  平面上に2つの円
       $\small\sf{\begin{align*} \sf C_1:\ x^2+y^2=1\ \ ,\ \ C_2:\ \left(x+\frac{3}{2}\right)^2+y^2=\frac{1}{4}\end{align*}}$
  があり、点(-1,0)で接している。点P1はC1上を反時計回りに
  一定の速さで動き、点P2はC2上を反時計回りに一定の速さで動
  く。二点P1、P2はそれぞれ点(1,0)および点(-1,0)を時刻0に
  同時に出発する。P1はC1を一周して時刻2$\small\sf{\pi}$ に点(1,0)に戻り、
  P2はC2を二周して時刻2$\small\sf{\pi}$ に点(-1,0)に戻るものとする。
  P1とP2の中点をMとおく。P1がC1を一周するときの点Mの軌跡を
  図示して、その軌跡によって囲まれる図形の面積を求めよ。





テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/11/11(日) 01:14:00|
  2. 大学入試(数学) .関東の大学 .千葉大 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015千葉大 数学13 | ホーム | 2015千葉大 数学11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1789-e950fb44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)