fc2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2015千葉大 数学8



第8問

  コインをn回続けて投げ、1回投げるごとに次の規則に従って得点
  を得るゲームをする。
    ・コイン投げの第1回目には、1点を得点とする。
    ・コイン投げの第2回目以降において、ひとつ前の回と異なる
     面が出たら、1点を得点とする。
    ・コイン投げの第2回目以降において、ひとつ前の回と同じ面
     が出たら、2点を得点とする。

  例えば、コインを3回投げて(裏、表、裏)の順に出たときの得点は、
  1+1+1=3より3点となる。また(裏、裏、表)のときの得点は、
  1+2+1=4より4点となる。
   コインの表と裏が出る確率はそれぞれ2分の1とし、このゲームで
  得られる得点がmとなる確率をPn,mとおく。このとき、以下の問い
  に答えよ。

 (1) n≧2が与えられたとき、Pn,2n-1とPn,2n-2を求めよ。

 (2) n≦m≦2n-1について、Pn,mをnとmの式で表せ。





テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/11/11(日) 01:10:00|
  2. 大学入試(数学) .関東の大学 .千葉大 2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015千葉大 数学9 | ホーム | 2015千葉大 数学7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1785-fe4650ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)