FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2007京都府立医科大 数学1



第1問

  1辺の長さが1である立方体をCとし、Cの頂点の1つをAとする。
  Aを中心とする半径rの球をDとして、CとDの共通部分の体積を
  V(r)とする。

 (1) V(r)をrを用いて表せ。ただし、$\small\sf{\begin{align*}\sf 0\lt r\leqq \sqrt2\end{align*}}$ とする。

 (2) $\small\sf{\begin{align*}\sf \frac{V\ (r)}{r^2}\ \left(0\lt r\leqq \sqrt2\right)\end{align*}}$ が最大となるrの値を求めよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/10/04(木) 03:01:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .京都府立医大 2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2007京都府立医科大 数学2 | ホーム | 2008京都府立医科大 数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1740-523c856f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)