fc2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2015京都薬科大 数学2



第2問

  座標平面上にA(6,6)、B(-3,3)、C(2,-2)、D(-6,-6)
  がある。

 (1) △ABCの外心の座標は( ア  イ  )であり、外接円の
    半径は ウ  である。この円をCとする。

 (2) 円C上を動く点Pと点Dに対して、線分DPを1:2に内分する点
    の軌跡は円になる。この円の中心の座標は( エ  オ  )
    であり、半径は カ  である。

 (3) 点Aでの円Cの接線をL1とする。接線L1の方程式は、
    y= キ  x+ ク  であり、L1とx軸の交点Eの座標は
    ( ケ  ,0)である。

 (4) 点Eを通り、円Cに接する直線は2本ありる。L1と異なる接線を
    L2とし、L2は点Fで円Cに接するという。点Fの座標は( コ 
     サ  )であり、L2の方程式はy= シ  x+ ス  である。


<<2015京都薬科大 数学3 | ホーム | 2015京都薬科大 数学1(3)~(5)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1725-783c612d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)