FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2004京都大 文系数学5



第5問

  n、a、bを0以上の整数とする。a、bを未知数とする方程式
    (*)  a2+b2=2n
  を考える。

 (1) n≧2とする。a、bが方程式(*)を満たすならば、a、bは
    ともに偶数であることを証明せよ。(ただし、0は偶数に
    含める。)

 (2) 0以上の整数nに対して、方程式(*)を満たす0以上の
    整数の組(a,b)をすべて求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/01/20(火) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .京都大 文系 2004
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2000大阪市立大 理系数学1 | ホーム | 2004京都大 文系数学4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1680-9bf38e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)