FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2008大阪大 文系数学1



第1問

  点Oで交わる2つの半直線OX、OYがあって、∠XOY=60°とする。
  2点A、BがOX上にO、A、Bの順に、2点C、DがOY上にO、C、Dの
  順に並んでいるとして、線分ACの中点をM、線分BDの中点をNとする。
  線分ABの長さをs、線分CDの長さをtとするとき、以下の問いに答えよ。

 (1) 線分MNの長さをsとtを用いて表せ。

 (2) 点A、BとC、Dが$\small\sf{\sf s^2+t^2=1}$ を満たしながら動くとき、線分MNの長さ
    の最大値を求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/11/13(日) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .大阪大 文系 2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008大阪大 文系数学2 | ホーム | 2008神戸大 文系数学3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/153-e605c54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)