FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2010大阪教育大 後期 数学2



第2問

  △ABCについて、次の問いに答えよ。

 (1) 辺BC、CA、ABの中点をD、E、Fとすると、線分AD、BE、CFは
    1点Gで交わり、
        AG:GD=BG:GE=CG:GF=2:1
    であることを示せ。

 (2) △ABCの面積をS、内接円の半径をr、3辺の長さをa、b、cとすると、
        $\small\sf{\begin{align*} \sf r=\frac{S}{L}\ \ ,\ \ S=\sqrt{L\left(L-a \right)\left(L-b \right)\left(L-c \right)}\end{align*}}$
    であることを示せ。ただし、2L=a+b+cとする。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/08/12(火) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .大阪教育大 後期 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010大阪教育大 後期 数学3 | ホーム | 2010大阪教育大 後期 数学1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1418-d96e5aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)