FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2014大阪大 理系数学4



第4問

  半径1の2つの球S1とS2が1点で接している。互いに重なる部分のない
  等しい半径を持つn個(n≧3)の球T1、T2、…、Tnがあり、次の条件
  (ア)、(イ)を満たす。
    (ア) TiはS1、S2にそれぞれ1点で接している(i=1,2,…,n)
    (イ) TiはTi+1に1点で接しており(i=1,2,…,n-1)、そして
       TnはT1に1点で接している。

 (1) T1、T2、…、Tnの共通の半径rnを求めよ。

 (2) S1とS2の中心を結ぶ直線のまわりにT1を回転してできる回転体の
    体積をVnとし、T1、T2、…、Tnの体積の和をWnとするとき、極限
        橿原 学習塾 青木ゼミ
    を求めよ。



テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/05/12(月) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .大阪大 理系 2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014大阪大 理系数学5 | ホーム | 2014大阪大 理系数学3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1370-92a12daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)