FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2010神戸大 理系数学4



第4問

  Nを自然数とする。赤いカード2枚と白いカードN枚が入っている袋から
  無作為にカードを1枚ずつ取り出して並べていくゲームをする。2枚目の
  赤いカードが取り出された時点でゲームは終了する。赤いカードが最初
  に取り出されるまでに取り出されたカードの枚数をXとし、ゲーム終了時
  までに取り出された白いカードの総数をYとする。このとき、以下の問い
  に答えよ。

 (1) n=0,1,・・・,Nに対して、X=nとなる確率pnを求めよ。

 (2) Xの期待値を求めよ。

 (3) n=0,1,・・・,Nに対して、Y=nとなる確率qnを求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/10/15(土) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .神戸大 理系 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010神戸大 理系数学5 | ホーム | 2010神戸大 理系数学3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/115-06b04ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)