FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

32009京都工芸繊維大 後期 数学3



第3問

  白色の玉が1個、黒色の玉が2個、赤色、黄色、緑色の玉が
  それぞれ3個ずつ、全部で12個の玉が袋に入っている。この
  袋からAが4個の玉を同時に取り出し、次にこれらの玉をもと
  に戻さずにBが4個の玉を同時に取り出す。次の事象E,F,G
  を考える.
   E:Aの取り出した玉の色がすべて異なる。
   F:Bの取り出した玉の色がすべて異なる。
   G:Aの取り出した玉の色の組合せとBの取り出した玉の色
     の組合せが一致する。

 (1) Eが起こる確率P(E)を求めよ。

 (2) E、Gがともに起こる事象の確率P(E∩G)を求めよ。

 (3) E、Fがともに起こる事象の確率P(E∩F)を求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/10/22(火) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .京都工芸繊維大 後期 2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2009京都工芸繊維大 後期 数学4 | ホーム | 2009京都工芸繊維大 後期 数学2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1113-7b007913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)