FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2013滋賀医科大 数学4



第4問

  xy平面において、連立不等式
       x2+y2≦1、 x≧0、 y≧0
  で定まる図形をSとする。tを0<t<1となる定数とし、Sを
  直線y=tで2つの部分に切断する。S1をSと領域y≧tの
  共通部分、S2をSと領域y≦tの共通部分とする。

 (1) 図形S1、S2を描け。

 (2) S1、S2をy軸の周りに1回転させてできる立体をそれぞれ
    V1、V2とする。不等式
         図01
    を示せ。


テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/10/06(土) 03:08:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .滋賀医科大 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011滋賀医科大 数学1 | ホーム | 2013滋賀医科大 数学3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozemi.blog.fc2.com/tb.php/1016-0a978b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)