FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2019大阪府立大 理系数学4



第4問

  座標平面上の点(1,0)を中心として半径1の円をCとする。実数tは0≦t≦$\small\sf{\pi}$ の範囲
  を動くとし、C上の点$\small\sf{P(\cos t+1\ ,\ \sin t)}$ における接線をLとする。Lに垂直で原点を通る
  直線をmとし、Lとmの交点をHとするとき、以下の問いに答えよ。

 (1) 点Hの座標を求めよ。

 (2) 0<t<$\small\sf{\pi}$ のとき、原点、H、Pを頂点とする三角形の面積をS(t)とし、t=0または
    t=$\small\sf{\pi}$ のとき、S(t)=0とする。tの関数S(t)の最大値を求めよ。

 (3) S(t)が最大値をとるtの値をt0とする、tが0からt0まで動いたときに点Hが通過する
    道のりを求めよ。ここで、「点Hが通過する道のり」とは、tが0からt0まで動くときに点H
    が描く曲線の長さのことである。





テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/05/26(日) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .大阪府立大 前期 2019(理系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0