FC2ブログ

青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2019九州大 理系数学4



第4問

  座標平面上の3点O(0,0)、A(2,0)、B(1,$\small\sf{\sqrt3}$ )を考える。点P1は線分AB上にあり、
  A、Bとは異なる点とする。線分AB上の点P2、P3、・・・を以下のように定める。点Pnが定まっ
  たとき、点Pnから線分OBに下した垂線とOBとの交点をQnとし、点Qnから線分OAに下した
  垂線とOAとの交点をRnとし、点Rnから線分ABに下した垂線とABとの交点をPn+1とする。
  n→∞のとき、Pnが限りなく近づく点の座標を求めよ。





テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/03/12(火) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .全国の大学 .九州大 理系 2019
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0