青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2018大阪府立大 前期理系 数学1



第1問

  円周を八等分する点を時計回りの順に、A、B、C、D、E、F、G、Hとし、
  Aを出発点として駒を置く。1枚の硬貨を投げて、表が出たときは一つ先
  の点、裏が出たときは三つ先の点へ駒を時計回りに進め、最初に点Aに
  止まったときを上がりとする。例えば、裏裏表表と出たときは、A→D→G
  →H→Aと進み、1 周目で上がりとなる。このとき、以下の問いに答えよ。

 (1) 硬貨を4回投げて上がりとなる確率を求めよ。

 (2) 硬貨を6回投げて上がりとなる確率を求めよ。

 (3) 1周目で上がりとなる確率を求めよ。

 (4) 途中でGに止まり、1周目で上がりとなる確率を求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/05/08(火) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の公立大学 .大阪府立大 前期 2018(理系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0