青木ゼミ青木

橿原市の個別指導塾 青木ゼミの塾長ブログ

2017京都大 文系数学5



第5問

  nを2以上の自然数とする。さいころをn回振り、出た目の最大値Mと
  最小値Lの差M-LをXとする。

 (1) X=1である確率を求めよ。
 (2) X=5である確率を求めよ。




テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/03/21(火) 23:57:00|
  2. 大学入試(数学) .関西の国立大学 .京都大 文系 2017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ